就活や転職における鬱病対策!

ハローワークおよび労働局の委託事業で、長年にわたり求職者のカウンセリングを行ってきた人の話によるとそこに訪れる失業者の約半数は、よる眠れない。睡眠薬などを服用していることがわかっています。これは軽度の鬱症状にかかっているケースが多いそうです。特に失業期間が長い人ほど、この傾向は高くなる印象となっています。

うつというのは真面目で責任感の強いひとほど、かかりやすく精神的に追い込まれれば誰もがかかる恐れがあるものとされています。ですから、すでに発症している人や自覚症状がある人は必要以上に落ち込むことがありません。

気がついたら、早く病院へ行くべきとされています。風邪の対策と同じで、症状が軽い内に治療をすることが鬱症状でも大切なのです。

予防策としては規則正い生活。睡眠導入剤の導入は極力少なくすることが大切とされています。またお笑い番組や動画サイトなどを通して笑うことも鬱を軽くするにはすごく大切とされています。

就職のプレッシャーをあまり感じないようにして人生の休暇としてゆっくり休むことも時には大切ですので、あまり気負いをしないようにしましょうね!