女性の薄毛克服は生活やホルモンバランスを重視することが重要

男性の場合は男性ホルモンが薄毛に強く関係していることはあらゆる研究でわかっています。しかし、最近では女性の薄毛問題もよくテレビで取り上げられるようになり男性よりも「髪が命」な女性にとっては致命的なコンプレックスともなります。

そこで少し調べてわかったのですが、女性の薄毛は男性とは違い、生活習慣、食事、ホルモンバランスが大きく関係していることがわかりました。

まず食事ですが日本食は栄養バランスが摂れていて髪にも良い成分が豊富に摂取できるのですが食の欧米化と共に女性でも動物性脂肪を含んだ食事をするようになりました。これによって皮脂の過剰分泌、毛穴の詰まり等が問題となり髪の成長を妨げて徐々に抜け毛が増えてくるといった感じのようです。

生活習慣で特に大事とされているのが睡眠です。夜10時〜夜中2時までは最も成長ホルモンが分泌される時間帯とされており髪にかかわる栄養、成長もこの時間帯が最も活発になると言われています。しかし、現代人は過酷な労働環境、社会的ストレスから睡眠時間も不規則。寝起き時間も不規則といった生活になっており本来の成長を妨げています。これは男女ともにですがやはり男性と違い女性の方が髪は長い傾向があります。髪が長ければ長いほど多分な栄養や休息が必要となります。そのため生活習慣の乱れはよりダイレクトに頭髪に影響を与えると考えています。

最後がホルモンバランスです。
これは前述した食事、生活のバランスが崩れても起こること。そして女性の場合は年齢を重ねるほどに女性ホルモンの量が減少してきます。更年期に差し掛かる40代〜50代ではかなり女性ホルモンが失くなると言われており、薄毛に悩む年代もプレ更年期にさしかかる女性が多いと聞きました。

当然、女性ホルモンが減れば相対的に増えるのが男性ホルモンです。男性ホルモンは頭髪の成長を妨げる働きをするケースもあるので女性の男性化に伴い抜け毛増えたり、髪が細くなるといった現象もあります。

女性の薄毛を守るためには上述したポイントを意識して改善をすることが第一条件。加えて老化してきた頭皮に刺激、血行促進作用を与えて栄養を届けることが大切です。

最近では女性でも男性のように薄毛が進行していく「男性型脱毛症」に悩む女性も増えていると聞きました。実際に頭髪専門の医療機関、クリニック等のメニュー表を見ても女性の薄毛を対象とした項目が数年前に比べると圧倒的に増えたように感じています。

また色々な術後経過などもあわせて見ましたが男性と比べて女性の方が頭髪の回復は早い。もしくは成功しやすいといった印象を受けました。女性は男性のように副作用の強い薬を飲まずとも正しい生活、ケアをすることである程度の毛髪再生は可能。

女性の頭髪問題の勉強ができるサイト「女性の薄毛克服の教科書」では薄毛や抜け毛が増えるメカニズムから男性でも使える育毛基礎知識。日常生活におけるヘアケアの情報が満載なので薄毛に悩んでいる女性はチェックしておくと勉強や突破口にも繋がるかと思います。

そして現在は頭髪に関するあらゆる技術、研究も進みフサフサだった時代のようにまではいかないですが薄くなりかけた頭髪を増やし、進行を止めることは男女ともに高い確率で可能となっています。もし髪の量や太さが気になりだしたら薄毛へのサインでもあるので市販のグッズや食事、生活を見直して最低でも3ヶ月は頑張ってみましょう。

それでも改善される傾向がない場合は医療機関、美容外科等の最新技術を使って専門的な治療を受けることで最悪の状態を免れることはできます。